image3%2520(1)_edited_edited.jpg

大阪大学
日本・東洋美術史研究室

日本・東洋美術史研究室では、日本・東洋の造形作品について研究しています。

研究の方針は、あくまでも具体的で実証的であること、作品そのものから考えることです。

授業では文献講読や通常の演習の他に、毎週まる1日をかけて京都、奈良、大阪、神戸など近畿圏の古社寺や美術館、博物館をめぐって見学演習を行っています。